山口祥義知事

■県政方針を語る

 佐賀新聞社が主催する政経懇話会・政経セミナーの合同例会が30日午前11時から佐賀市のホテルニューオータニ佐賀で開かれる。山口祥義知事が2017年度当初予算の概要を説明し、1期目の任期を折り返した県政運営の方針を語る。会員制だが、一般も有料で聴講できる。

 当初予算は「志を礎に、県民とともに新たな時代を切り開く」と銘打ち、総額4335億200万円を計上している。山口知事は予算の発表会見で「すべて人というものに着目した予算。そのベースは志だ」と述べている。

 前年度に続きソフト事業に力を入れ、18年の明治維新150年を見据えた「幕末維新博」関連事業をはじめ、障害者ら社会的弱者を支援する福祉・医療政策、県内産業の人材確保・育成に重点配分している。

 一般の聴講料は5千円。申し込みは佐賀新聞文化センター、電話0952(25)2160。

このエントリーをはてなブックマークに追加