投票は昨年夏の参院選で経験した。感じたのは、政党で議席を争うような国政選挙では、候補者との距離はかなり遠く感じる。その点、市長選は、私たち小城市民の生活に直結する選挙なので、身近に感じる。

 小城市は「ふるさと納税」の寄付額が全国でも上のランクにあると、報道で知った。寄付されたお金が何に使われているのか。選ばれた市長はその使い道について明示してほしい。大学の看護系学部に進む。地域医療について候補者がどんな考えなのか、直接声を聞き、よく考えて1票を投じようと思っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加