任期満了に伴う杵島郡白石町長選と町議選は24日、告示される。町長選は現職の田島健一氏(66)=1期、福富下分=が立候補を表明しているほかに動きはなく、無投票の公算が大きい。

 田島氏は佐賀農業高-日大卒。武雄土木事務所長など県の土木畑を歩み、2013年の町長選で初当選した。2期目に向けては第2次総合計画や「まち・ひと・しごと創生総合戦略」に基づき、道の駅「しろいし」の建設や、農作物の安定生産に向けた基盤整備の充実などを掲げている。

 町議選は、今回から2減となった定数16に対し、現職13、新人5の18人が立候補の意向を示している。前回13年は無投票で、8年ぶりの選挙戦となる見通し。

 立候補の届け出は24日午前8時半から午後5時まで、町役場で受け付ける。投開票は29日。選挙人名簿登録者数は2万383人(男9476人、女1万907人)=昨年12月2日現在。

このエントリーをはてなブックマークに追加