質問書を唐津市の秋山剛輝総務部副部長に手渡す吉田恵子世話人(左)=唐津市役所

 唐津市の市民団体「原発と放射能を考える唐津会」(吉田恵子世話人)は24日、玄海原発3、4号機の再稼働の判断が近づく中、避難計画の問題点などを記した峰達郎市長宛ての質問・要望書を提出した。

 質問は、再稼働の危険性や過酷事故時の放射性物質の拡散、使用済み核燃料の管理などで、現時点での市長の考えを尋ねている。

 要望は避難計画が中心で、「要介護者や車での移動手段がない人々の対策を実行できるように」「車のガソリンを常に満タンに近い状況にするように奨励を」などと求めている。小学校単位の住民説明会開催も要求している。

 同会は5年前に「原発なくそう!九州玄海訴訟」を支援するために発足。回答期限を4月末までとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加