格調高く花を生ける会員=佐賀市の佐賀城本丸歴史館

 華道家元池坊佐賀市連合会(松永清子会長)は22日、新春を祝う恒例の「初生け会」を佐賀市の佐賀城本丸歴史館で行った。会員約50人が松、竹、梅など新春らしい花材を使い、華やかに会場を彩った。

 会員は、早春を先取りしたユキヤナギやガーベラ、バラといった洋花なども含めた色とりどりの草木を格調高く生けていった。生けている様子は来館者に公開した。この日は大勢の中国人観光客が本丸歴史館を訪れ、興味深く日本の伝統の美に見入っていた。

 初参加の東島美咲さん(43)=吉野ケ里町=は「本丸歴史館で花を生けるのは貴重な体験。緊張したが、中国の方たちにも日本文化を知るきっかけにしてもらったと思う」と話していた。

 初生け会は新年をことほぐ行事で、毎年開いている。作品は24日午後3時まで展示している。

このエントリーをはてなブックマークに追加