小学生名人戦県予選佐賀県代表の座をかけた決勝戦を制した古川豪君(右)=佐賀市天神の佐賀新聞社

 第42回さなる杯小学生将棋名人戦の佐賀県大会(日本将棋連盟主催、佐賀新聞社後援)が22日、佐賀市天神の佐賀新聞社であった。県内の小学生28人がナンバーワンの座をかけて熱戦を繰り広げ、古川豪(ごう)君(赤松小4年)が優勝した。古川君は3月11、12日に大阪府の関西将棋会館で行われる西日本大会に出場する。

 予選リーグ戦と決勝トーナメント戦があり、決勝戦は古川君と林万尋(まひろ)君(春日小4年)が対戦。林君の中飛車戦法に対抗し、古川君は居飛車穴熊に構えて持久戦模様になった。形勢が二転三転する終盤戦を古川君が制した。

 古川君は「勝ったのは良かったけど、中盤・終盤は課題。もう少し勉強しないと」と、さらなる高みを見据えた。初心者向けの交流戦もあり、中川虎二君(砥川小5年)が優勝した。

 名人戦と交流戦の上位入賞者は次の通り。(敬称略)

 【名人戦】

 3位 真崎倫也(赤松小3)、鶴貴志(鏡山小1)

 【交流戦】

 2位 馬場吉文(新栄小5)3位 古賀大登(三日月小3)、安藤昴平(砥川小5)

このエントリーをはてなブックマークに追加