■「復興」象徴に組織委

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が47都道府県全てを巡る聖火リレーの期間について、東日本大震災が起きた3月11日のすぐ後にスタートする形となる「133日」の日程案を出していることが23日、関係者への取材で分かった。3月11日は7月24日の五輪開会式の135日前に当たる。

 組織委は、国際オリンピック委員会(IOC)の内規で「100日以内」と定められた日数の緩和を求める方針。聖火リレーと3月11日の関連づけについては、復興五輪の象徴になるとの意見がある一方、震災の犠牲者を悼む日であることから慎重論もある。コスト面から日程短縮を求める声もあり、今後調整が残されている。

 組織委は聖火リレーについて地震で大きな被害を受けた熊本や鳥取も含め、被災地に重点を置いて全国を回る方針を示している。宮城県石巻市などが出発点として要望を出している。

 日数緩和がどこまで認められるかは不透明だが、関係者は「3月11日を慰霊の日として鎮魂し、その後にリレーを開始するのは一つの考え方」と述べた。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加