石井啓一国土交通相は18日の記者会見で、開発が難航し、九州新幹線長崎ルートへの2022年度の導入が困難となったフリーゲージトレイン(軌間可変電車、FGT)に関し「一定程度の改善が図られたと考えている。(導入遅れは)残念だ」と述べた。一方で「必要な対策を検討し、引き続き技術開発を行う」と強調した。

 国交省は22年度に新幹線と在来線の両方を走行できるFGT先行車を導入し、早ければ25年度に量産車による全面開業を目指していた。だが、試験車両の台車の車軸に摩耗が見つかり、年単位で導入が遅れる見通しとなっている。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加