10㌔男子で招待選手として力走を見せた県内一週駅伝神埼・吉野ケ里チームの碇幸樹選手

 昨年躍進賞に選ばれた県内一周駅伝の神埼・吉野ケ里チームが招待選手として出場、2月の本番に向け意欲的な走りを見せた。

 4キロ女子では佐賀大学の古賀夕貴選手(19)がトップでゴール。「腕もしっかり動いて、最後までペースを落とさずに走れた」と笑顔を見せた。10キロ男子では福岡大学の碇幸樹選手(21)が力走。安定した走りで好タイムを記録し、チームの課題だった長距離区間に明るい材料をもたらした。

 後半ペースが乱れることが多かったという碇選手は「粘り強く走れたのは収穫。チームに勢いをつける走りで貢献したい」と県内一周に意欲。天野一成監督は「ひとりひとりの力が伸びてきている。チーム一丸で臨みたい」と飛躍を誓った。

このエントリーをはてなブックマークに追加