■高い構成力、テンポも良く スマートフォン用のアプリ開発やプロジェクションマッピングに取り組んできた鳥栖商高VR班は、ゲームで英語の発音を学ぶVRアプリ開発の苦労や裏話をテンポ良く発表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加