宮城県は24日、同県栗原市の養鶏場で死んだ鶏を遺伝子検査した結果、H5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表し、飼育している22万羽の殺処分を始めた。千葉県旭市の養鶏場でもH5型の感染が確認され、同県が6万8千羽の処分を開始。対象は計28万8千羽に上る。

 宮城県は24日未明、対策本部を設置、自衛隊に派遣要請した。同日夕までに3万1千羽を処分。27日未明までに全て地中に埋めたい考えだが対象が多く、ずれ込む可能性があるとしている。千葉県も24日夕までに約1万6千羽を処分した。

 感染拡大を防ぐため、養鶏場から半径3キロ以内を卵や鶏の移動制限区域とし、半径3~10キロの範囲は搬出制限区域に設定して域外への運び出しを禁じた。鶏の埋め立てが完了してから21日以上、問題がなければ規制を解除する。

 感染が確認された栗原市の養鶏場では同日朝、白い防護服を着た県職員や自衛隊員が鶏舎を出入りする姿が見られた。付近の地面は消毒のために散布した石灰で真っ白になっていた。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加