サッカー・J1サガン鳥栖は26日、MF高橋義希(31)と来季へ契約を更新したと発表した。高橋は今季、アンカーの主力として全34試合に出場。豊富な運動量を武器にピッチを駆け巡り、第2ステージ第14節の仙台戦で今季初得点をマーク。走行距離は34試合で400キロを超えてリーグトップだった。

 高橋はクラブを通じ、「誰よりも1歩でも2歩でも多く、長く、全力で走り続け、サガン鳥栖がタイトルを獲得できるように頑張ります。サポーターのみなさん、一緒に戦いましょう」とコメントした。

 また、今季J2ジェフユナイテッド千葉に期限付きで移籍していたGK藤嶋栄介(24)がJ2松本山雅FCに期限付き移籍する。期間は来年2月1日から2018年1月31日まで。J1に昇格した北海道コンサドーレ札幌に期限付き移籍しているDF菊地直哉(32)は18年1月31日までに移籍期間を延長した。J2徳島ヴォルティスに期限付きで加入していたFW山崎凌吾(24)が完全移籍で徳島に入ることも発表した。

このエントリーをはてなブックマークに追加