武雄市は24日、31日開会の定例議会に提案する一般会計補正予算案を発表した。補正額は7億2449万9千円で、補正後総額は前年同期比0・7%増の256億8625万6千円。

 主な歳出は、武雄こども園に来年4月開設を予定する病児・病後保育施設の建設費3299万円、新たに東川登町の長崎自動車道南側に造成する工業団地の測量や地質調査費など5891万円、発達障害支援強化のために山内西小に通級指導教室を新設する事業費44万円など。定例議会には市職員の育児休業や退職手当に関する条例改正案など7議案を提案する。

このエントリーをはてなブックマークに追加