チャリティープロレス「超人バトルワールド」をPRする鳥栖市出身のKINGさん=佐賀新聞社

■超人KINGさんがPR

 鳥栖市出身プロレスラーの超人KINGさん(37)が24日、佐賀市の佐賀新聞社を訪れ、6月3日に鳥栖市の鳥栖市民体育館で開かれる「青少年育成チャリティープロレス超人バトルワールド」をPRした。

 鳥栖をプロレスで元気にしようと年に1~2回開いており、今回で15回目。佐賀県のほか、福岡や名古屋、埼玉からレスラー14人が参戦し、1対1やタッグ戦など4試合が楽しめる。子どもや女性、高齢者にも安全に楽しんでもらうことに配慮し、場外乱闘をすると反則負けになるルールも取り入れている。

 KINGさんは「選手たちは鍛えているからこそできるのであって、普通は人をたたくと痛い。プロレスからルールを守ることの大切さも学んでほしい」と来場を呼び掛けている。

 午後5時半開場で、午後6時半試合開始。午後6時からは体験教室もある。入場にはパンフレット購入が必要で、一般が2千円、高校生と60歳以上が千円、中学生以下と身障者は無料(当日はいずれも500円プラスになる)。問い合わせはKINGプロモーション、電話0942(50)8975。

★電子新聞に動画 登録、即利用可、翌月末まで無料の電子版の申し込みはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加