■天山、100人に缶バッジ

 県山岳連盟は「山の日」の8月11日、佐賀、小城、多久、唐津の4市にまたがる天山(標高1046メートル)の登山者に缶バッジなどをプレゼントする。ふるさとの山に親しんでもらおうと企画した。事前の申し込みが必要で、先着100人を募集している。

 参加者はそれぞれ午前10時を目標に天山山頂を目指してもらう。登山ルートは自由。山頂の受け付けで、登山証明書や参加記念缶バッジ、スポーツドリンクなどがもらえる。

 参加条件は小学生以上(小学生は引率者も同行)。締め切りは30日まで。メール(ta-osamu@saga.email.ne.jp)で申し込み書を請求し、メールかファクスで申し込む。

■基山登山「基肄城」史跡解説も

 基山町は昨年新たに国民の休日として施行された「山の日」(8月11日)に、ふるさとの山に親しんでもらおうと町北部の基山(きざん)(404メートル)への登山を実施する。参加者を募集している。

 当日は基山町民会館を午前7時に出発、本福寺から登山道を経て基山山頂に登り、下りながら国指定特別史跡「基肄城」の水門跡などを巡る。約8キロの道程で、基肄山歩会がガイド役を務め、史跡では基肄かたろう会が解説を行う。

 定員は30人で先着。誰でも参加できるが、小学生以下は引率者が必要。参加料は100円。専用の申し込み用紙に必要事項を記入し、町まちづくり課に持参するか、郵送またはファクスで送る。問い合わせは同課、電話0942(92)7935。

このエントリーをはてなブックマークに追加