佐賀県信用保証協会は、経営破綻したタカタグループと取引のある県内中小企業の資金繰りなどを支援するため、融資の特別保証制度を創設した。

 制度は「経営安定関連保証1号」。タカタに対して50万円以上の売掛金がある企業のほか、50万円未満でもタカタとの取引が全体の20%を超えるなど一定の基準を満たした企業などで、市町長の認定を受けることが条件。

 保証限度額は個人・法人が2億8千万円、組合が4億8千万円。保証期間は10年で、保証料率は年0・95%。問い合わせは同協会、電話0952(24)4342。

このエントリーをはてなブックマークに追加