新幹線長崎ルートに導入予定のフリーゲージトレイン(軌間可変電車、FGT)に関し、国土交通省は25日、報道機関を対象にした試乗会を初めて開いた。熊本県八代市のJR新八代駅から鹿児島本線につながる接続線に設置されている軌間変換装置も見学し、車輪の幅を新幹線(標準軌)から在来線(狭軌)に変換する様子を記者ら約30人が確認した。

このエントリーをはてなブックマークに追加