準々決勝・佐賀学園―佐賀工 7回表佐賀学園1死一、二塁、大塚温斗主将(10)の伝令で表情が緩む主戦嶋大輝(中央)=みどりの森県営球場

 佐賀工が佐賀学園との投手戦を制した。

 佐賀工はエース嶋が3安打完封。8四死球を与え、走者を背負いながらも力強い直球で要所を抑え、バックも無失策で支えた。打っては二回、先頭の6番川副が中越え三塁打を放つと相手失策で生還し、これが決勝点となった。

 佐賀学園は粘投した左腕藤崎を援護できず。二回の先制機を逃し、その後も走者を再三得点圏まで進めたが、あと1本が出なかった。

 ▽準々決勝(みどりの森県営球場)

佐賀学園000 000 000 0

佐賀工 010 000 00× 1

▽三塁打 川副(工)▽二塁打 山下、徳永(工)

■エース嶋「101人」の思い胸に

 県内最多、部員101人の期待を一身に背負ったエースがまたマウンドで躍動した。2、3回戦に続く完投で第4シード・佐賀学園を零封した嶋大輝は「本当に疲れました」と話しながらも、その言葉とは裏腹に晴れやかな表情を見せた。

 連戦の疲労か、中盤に突如制球を乱した。直球は球威を失い変化球もワンバウンド。四死球で逆転の走者を背負ったが、ここから意地を見せた。

 七回1死一、二塁のピンチ。伝令の主将大塚温斗が「まだいけるか」と尋ねると、嶋は「余裕、余裕」。心配そうにマウンドを見つめるベンチに向けて、この日一番の笑顔を見せた。

 「あの伝令で試合を楽しむことを思い出した」。息を吹き返すと後続を中飛に打ち取り、八回には相手クリーンアップを三者凡退。130球の力投で最後までスコアボードに0を並べた。

 「仲間の期待を力に変えて、また投げたい」。静かに闘志を燃やし、次を見据えた。

 佐賀学園・松村魁士(九回表に左前打で出塁。二塁に進み、右前打で本塁を突くも得点ならず)打った後に両足がつったが、ここから逆転するんだという気持ちで本塁に走った。勝ちたかった。

佐賀工1―0佐賀学園

 佐賀学園  打安点

(9) 山 本300

(7) 中 村300

(4) 松 尾400

(6) 江 頭310

(8) 棚 町100

 H8 清 水100

(5) 松 村310

(3) 大 浦100

 H  永 田000

(2) 古 場100

(1) 藤 崎100

 H  味 志110

    計 2230

 振球犠盗失併残

 2860119

  佐賀工  打安点

(2) 竹 本300

(3) 古賀丈310

(6) 山 下320

(9) 徳 永410

(7) 藤 原400

(8) 川 副320

(4) 松 尾301

(5) 山 田300

(1)  嶋 310

    計 2971

 振球犠盗失併残

 5321019

投 手回 安振球

藤 崎8 753

 嶋 9 328

このエントリーをはてなブックマークに追加