佐賀県人事委員会は、民間企業勤務経験者らを対象とする県職員採用試験の申し込みの受け付けを始めた。さまざまな分野から高い能力を持つ人材を見いだそうと、受験資格は40歳未満の年齢だけとする「社会人経験枠(行政)」を新設している。

 県はこれまでJICA(国際協力機構)などの海外ボランティア活動や自治体が委嘱する「地域おこし協力隊」の地域貢献活動の経験がある人を対象とする採用枠を設けていた。今回、活動を限定せずに多彩な経験を積んだ人を確保しようと社会人経験枠に変更した。1978年4月2日以降に生まれた人が対象。5人程度の採用を予定する。

 県外から転職するUJIターン枠(行政)は、1958年4月2日以降に生まれた人で、県外に本店を置く民間企業での5年以上の勤務経験などが条件となる。採用予定は13人程度。

 申し込みの受け付けは社会人経験枠、UJIターン枠ともに8月18日午後5時まで。問い合わせは人事委員会事務局、電話0952(25)7295へ。

このエントリーをはてなブックマークに追加