協定書に調印し、握手する県地域産業支援センターの飛石昇理事長(右)と県信用金庫協会の松永一博会長=佐賀市の佐賀信用金庫本店

 佐賀県内の4信用金庫でつくる県信用金庫協会(松永一博会長)と県地域産業支援センター(飛石昇理事長)は19日、県内の中小企業支援を目的にした包括連携協定を結んだ。双方のノウハウやネットワークを生かして販路開拓や経営革新を進める。

 取引拡大を目指す事業者の商談会を共同で実施するほか、大学と県内企業の研究開発分野でのマッチング支援を行う。6次産業化や知的財産の活用促進もサポートする。

 佐賀市の佐賀信金本店であった調印式で、松永会長は「地域支援という果実を実らせたい」、飛石理事長は「連携により中小企業の強みを生かしていく」と意気込みを語った。

 県地域産業支援センターは、中小企業支援や地域活性化を目指し、佐賀銀行や佐賀共栄銀行、県信用保証協会とも連携協定を結んでいる。

このエントリーをはてなブックマークに追加