寒気や雪の影響で23日、福岡と佐賀を結ぶ高速バスで運転見合わせや大幅な遅れが出た。佐賀県内では24日、氷点下の気温になる地域や山間部での積雪が予想されており、気象台や自治体が路面や水道管の凍結に注意を呼び掛けている。

 西鉄バスによると、雪による福岡都市高速道路の通行止めの影響で、福岡市天神や福岡空港と佐賀市を結ぶ便で運転を見合わせた。

 佐賀地方気象台によると、県内では23日午前5時ごろ、嬉野市で氷点下0・4度の最低気温を記録した。24日の午前中は佐賀市で氷点下1度、伊万里市で0度と予想している。

 佐賀市上下水道局は、気温が氷点下4度以下になると水道管が凍ったり破裂したりする恐れがあるとして、むき出しの水道管には市販の保温材や毛布、布を巻くなど、凍結予防策をウェブサイトで紹介している。

このエントリーをはてなブックマークに追加