全国に33カ所ある国立公園の管理・運営に携わる現場職員の「自然保護官(レンジャー)」について、環境省が2020年度までに現在の2倍の約200人に増やす方針を固めたことが23日、分かった。自然体験ツアーの充実など観光地としての魅力向上に取り組み、訪日外国人客の誘致につなげる狙い。東京五輪・パラリンピックが開かれる20年までに、訪日客を年間4千万人に増やす政府目標の達成に向けた観光振興策の一環。

 レンジャーは現在全国に約100人が配置され、各公園内や周辺にある自然保護官事務所を拠点に、希少動植物の保護やビジターセンターの運営、環境教育などに従事している。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加