稀勢の里が逆転優勝

 大相撲春場所千秋楽(26日・エディオンアリーナ大阪)新横綱稀勢の里が13勝2敗で並んだ優勝決定戦で大関照ノ富士を右小手投げで下し、2場所連続2度目の優勝を遂げた。新横綱の優勝は1995年初場所の貴乃花以来22年ぶりで8人目。照ノ富士は11場所ぶり2度目の優勝を逃した。

 13日目に左肩付近を負傷し、けがを押して出場した稀勢の里は本割で、1敗の単独首位だった照ノ富士を突き落として追い付いた。直接対決で本割、決定戦とも勝って逆転優勝するのは2002年初場所の栃東以来。

 横綱鶴竜は横綱日馬富士を寄り切り、ともに10勝5敗。

このエントリーをはてなブックマークに追加