2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は24日、大会のメダルに活用するリサイクル金属の回収を4月から始めると発表した。NTTドコモの全国約2400の店頭や、企画に参加する自治体の役所などに設置するボックスで受け付ける。いずれも全国47都道府県で回収可能となる。

 NTTドコモは通信会社を問わず、不要になった携帯電話やスマートフォンを、自治体はパソコンやデジタルカメラなども含めて回収する。詳細は組織委ホームページ(https://tokyo2020.jp/jp/games/medals/)まで。

 また個人や法人から組織委への寄付金を、17年度初頭から受け付ける方針を確認した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加