人が運転に関与しない完全自動運転の実現に向け、国を挙げた取り組みが加速している。国交省が目指す2020年度の実用化は難しいにしろ、政府や大企業が本腰を入れて開発を進めており、技術的に完成する日はそう遠くないだろう。懸案はむしろ、人命の守り方や事故が起きた時の責任など法や倫理面での課題解決だろう。

 倫理的課題の最たるもの、それはいわゆる「トロッコ問題」だ。倫理学の思考実験で「ある人を助けるために他の人を犠牲にするのは許されるのか」がテーマ。

 設定はこうだ。制御不能になったトロッコが暴走し、そのまま進めば前方の線路で作業している5人をひいてしまう。だが、手前に路線を分ける分岐器があり、たまたまそこに居合わせたあなたは進路を変更できる。しかし、変更した先にも1人の作業員がいる。あなたならどうする? という道徳的ジレンマを描いた命題だ。

 運転中にも当然、こうした事態は起こり得る。例えば、対向車が中央線を越えてきた。このままでは正面衝突する。左にハンドルを切れば避けられるが、歩道には複数の歩行者がいる。自律走行をつかさどる人工知能(AI)は、運転手を助けるためにハンドルを切るのか、あるいは歩行者の命を守るために直進を選択するのか-。

 自己犠牲的な精神に人間性を見いだすのなら、人は直進し衝突する道を選ぶだろう。だが、AIはどうか。運転者の安全を最優先にプログラムされていれば、ハンドルを切るかもしれない。そして歩行者をはねて死なせた場合、法的責任は誰がとるのか。損害賠償で一定解決したとしても、倫理的責任はどうなるのか。先のトロッコ問題に正解がないように、答えは簡単には見つけられそうにない。

 もちろん、この技術革新の歩みを止めろなどと言うつもりは毛頭ない。各地で高齢者の重大事故が相次いでいる。事故抑止の対策は急務だ。山間地などでは交通弱者のために自動運転を使った路線バスの事業化構想もある。自律走行は高齢化や過疎化、自治体の財政難が進む国内において、便利な移動手段を安全に継続する課題解決につながるはずだ。経済的にも自動走行の市場規模は20年に6兆円、25年には18兆円に伸長するとの予測もある。

 政府も技術革新を後押しする。国家戦略特区諮問会議では、企業が革新的な技術の実証実験を自由に手掛けられるよう、現行の特区内で関連規制を一時的に停止する「サンドボックス制度」と呼ばれる新制度創設を決めた。

 サンドボックスはIT用語で、保護された領域内でプログラムを動作させることで、外へ悪影響が及ぶのを防止するセキュリティーモデルを指す。完全自動運転の公道実験では道交法の規制があり、多くの関係機関への届け出が必要だが、国家戦略特区ではこうした手続きを大胆に簡素化し、その中では自由に試せるようにする。

 AIが制御する自律走行車は、人間が運転するそれよりもエラーが少なく、より安全で事故も減ると期待される。しかし、そのテクノロジーを本当に導入すべきかどうかについては、別にきちんと論議しておくべきだ。倫理や法律といった分野で社会に及ぼす影響も十分に検討しながら、取り組みを進めたい。(森本貴彦)

このエントリーをはてなブックマークに追加