庭にあるミツバチの巣箱

 わが家の屋根裏にはミツバチがすんでいます。毎年春になると分蜂して、庭が真っ黒になるくらい飛び回る日があるのですが、数年前、その分蜂したハチを捕まえて、手作りの巣箱に入ってもらいました。

 屋根裏の巣からは、屋根を壊さないと蜜が採れないようだったので、巣箱からハチミツを頂くのがとてもうれしかったのですが、居心地が悪かったのか、長くはすんでもらえず出ていってしまいました。

 その後も何度か出たり入ったりしていました。去年はあきらめ始めた秋ごろ、季節外れだったけど入ってくれました。ただ、蜜の蓄えがなかったのか冬を越すことができず、春になっても静まり返った巣箱がポツンと庭にありました。

 しかし、先日畑から戻ると、巣箱のあたりがなんだかにぎやか。「まさか」と思ってのぞきにいくと、ミツバチたちが忙しそうに出入りして蜜を集めていました。「今年は長くすんでもらえたらいいなぁ」と毎日うれしく眺めています。(地域リポーター・一ノ瀬文子=鹿島市)

このエントリーをはてなブックマークに追加