任期満了に伴う三養基郡みやき町長選は28日告示される。現職の末安伸之氏(60)=3期、簑原=と、現職の実兄で不動産賃貸業の末安長夫氏(65)=白壁=が立候補を表明しており、12年ぶりの選挙戦となる見通し。同時に実施される町議補選(欠員1)には、元職1人、新人2人が出馬を予定している。投開票は4月2日。

 末安伸之氏は4年連続の転入超過を背景に定住促進や子育て支援、健康増進を継続する姿勢を強調、「従来の施策が花開くよう、引き続き住民のニーズに応えたい」と意欲を示す。

 新人の末安長夫氏は多選や相次ぐ町営住宅建設を批判し、「夫婦、きょうだい、親子の愛を大切にする家庭づくりを」と訴え、3世代同居世帯の表彰制度創設などを掲げる。

 立候補の届け出は28日午前8時半から午後5時まで、町庁舎・防災センターで受け付ける。期日前投票は29日から4月1日まで同所で実施する。選挙人名簿登録者数は2万1689人(男1万211人、女1万1478人)=3月2日現在。

このエントリーをはてなブックマークに追加