九州・山口地区の工芸作家の作品を集めた「第30回記念工芸美術知新会展」が5日、唐津市近代図書館美術ホールで始まった。陶磁器や染織、人形、皮革、七宝など多彩なジャンルで、独創的な意欲作54点が並ぶ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加