ミニゲームでMF水野(左)と競り合いながら前線に攻め上がるMF高橋=23日、鳥栖市北部グラウンド

 サッカー・J1サガン鳥栖は、リーグ戦第13節の27日午後7時から鳥栖市のベストアメニティスタジアムでコンサドーレ札幌と対戦する。敵地で勝てない一方、ホーム戦で4連続完封勝利を挙げている鳥栖。けがから復帰したエース豊田を中心に一丸でホーム戦5連勝を勝ち取りたい。

 鳥栖は通算成績4勝3分け5敗(勝ち点15)の11位。前節はG大阪のスピードのあるサイド攻撃を防ぎきれず、0-3で敗れた。13本のシュートを放ちながら無得点に終わり、フィッカデンティ監督は「必要なのはゴール前でミスなく決めきること」と、選手たちに一層の奮起を求める。

 札幌は3勝3分け6敗(勝ち点12)の15位。前節・新潟戦は相手のカウンター攻撃で失点し、0-1で敗れた。直近の2試合は無得点で連敗中だが、前線のFW都倉は5得点を挙げている。

 このところサイド攻撃からの失点が多く、GK権田は「札幌の強みもサイド。そこを封じたい」と強調。MF福田は「相手にボールを持たれる時間が増えるかもしれないが、じれずに粘り強く戦う」と意気込む。

このエントリーをはてなブックマークに追加