佐賀空港への自衛隊新型輸送機オスプレイ配備計画などを審議する佐賀県議会の佐賀空港・新幹線問題等特別委員会(竹内和教委員長、12人)は25日、理事会を開き、6月定例県議会開会前の6月2日に防衛省から参考人を招致し、質疑を行うことを確認した。

 竹内委員長によると、12日に九州防衛局から県と県有明海漁協に対して質問への回答があったことや19日に若宮健嗣防衛副大臣が来県して安全対策などを説明したことを踏まえ、自民党が6月議会前の審議を提案。会派間で調整し、2日に質疑を行うことを申し合わせた。

 参考人招致に関しては、これまで審議官を筆頭に本省と九州防衛局の幹部を招致してきており、今回も同様の対応になるとみられる。防衛省の参考人への質疑後、県執行部にも質疑を行う予定。

このエントリーをはてなブックマークに追加