来場者に「ごみは資源」と話した北井弘さん=佐賀市のホテルニューオータニ佐賀

 環境にやさしい生活セミナーが24日、佐賀市のホテルニューオータニ佐賀で開かれた。NPO法人「環境市民」(京都府)の下村委津子(しづこ)さんと「ごみ減量ネットワーク」(三重県)の北井弘(ひろし)さんが講演し、佐賀県環境サポーターや環境保全に関わるNPO職員など約60人が日常生活の中でごみを減らす取り組みを学んだ。

 下村さんは「買い物は毎日が投票」という言葉を引用し、環境を大切にする商品を買うことで社会が変わると訴えた。北井さんは、生ごみを堆肥化する新商品や紙をリサイクルする新技術などを紹介し「ごみは資源」とアピールした。

 参加した佐賀県環境サポーターの江原末雄さん(71)は「エコバッグを持ち歩くなど、すぐできることから始めたい」と話していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加