■先駆性より地道さ重視を ひところのにぎわいが薄れていた。三養基郡基山町の住宅地「けやき台」。1989年の分譲開始から四半世紀がたつ中、人口流出や高齢化がじわじわ進み、人通りが減った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加