国営諫早湾干拓事業の開門差し止め訴訟で長崎地裁は27日、和解協議の打ち切りを決めた。長引く開門問題の解決に向け、国、開門派の漁業者側、開門阻止派の営農者側の三者が同じテーブルに着いたが、約1年2カ月で決裂した。次回4月17日に判決を出す。

このエントリーをはてなブックマークに追加