佐賀市女性消防団は20日、日本赤十字社佐賀県支部で九州北部豪雨の復興支援に10万円を贈った。同消防団の山本佐亀子部長は「水害で家族を亡くした方や活動した消防の方も亡くなっている。防災を担う一端として協力できたらと思った」と思いを話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加