ふくおかフィナンシャルグループ(FFG)は24日、ベンチャー企業や起業を目指す個人向けの貸しオフィスを、4月に東京都内で開設すると発表した。アイデアや技術を持ち寄って連携を深めてもらい、新サービスの創出を支援することが狙い。地銀がこうした施設を都内に設けるのは初めて。地域の企業の成長を促して地方創生に役立て、有望な融資先を発掘する。

 名称は「ダイアゴナル ラン トウキョウ」で、東京に拠点を持たない地方企業が主な対象となる。柴戸隆成社長は会見で「全国の企業が意見交換しながら、新しいものをつくり上げる場にしたい」と抱負を述べた。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加