金融広報中央委員会(愛称「知るぽると」)のイメージキャラクター・矢口ファミリー

 日本銀行佐賀事務所や県内の金融機関などでつくる県金融広報委員会は、夏休みの児童を対象に、親子でお金や銀行の役割ついて学ぶセミナーを県内3金融機関で開く。参加無料。

 講師は子ども佐賀新聞でコラム「知っておきたいお金の知恵」を執筆する日本銀行佐賀事務所の増渕治秀所長ら。お金の発行数や使い終えた後の処分方法などをクイズで出題。ブラックライトで紙幣の偽造防止技術を確認したり、普段は見ることができない、銀行の窓口が閉じた後の業務や貸金庫などを見学する。1億円の模擬紙幣で重さを体験するプログラムもある。

 3会場とも午後1時15分~午後3時半まで。問い合わせは同委員会事務局(県くらしの安全安心課)、電話0952(25)7059へ。

 会場と日程は以下の通り(かっこ内は対象、定員)。

 27日 鹿島市の佐賀西信用組合本店(鹿島市内の小学5、6年と保護者・25組)▽8月2日 佐賀市の佐賀共栄銀行本店(佐賀市内の小学5、6年と保護者・25組)▽8日 佐賀市の佐賀銀行本店(小学4年~6年と保護者・20組)

このエントリーをはてなブックマークに追加