福大大濠、健大高崎が8強

 第89回選抜高校野球大会第9日は28日、甲子園球場で引き分け再試合となった2回戦2試合が行われ、福岡大大濠と高崎健康福祉大高崎(群馬)が勝ち、ベスト8が出そろった。

 福岡大大濠は5―3で滋賀学園に競り勝った。五回に古賀の2点本塁打で勝ち越し、26日に15回を完投した三浦が六回以降は得点を許さず、そのまま逃げ切った。福岡勢2校が準々決勝に進んだのは史上初めて。

 高崎健康福祉大高崎は10―2で福井工大福井に大勝した。一回に5安打を集めて4点を先制し、四回には山下の自身今大会2本目の満塁本塁打などで一挙6点を加えた。高崎健康福祉大高崎は2年ぶりのベスト8。

このエントリーをはてなブックマークに追加