高浜原発、再稼働容認

 関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転を差し止めた昨年3月の大津地裁の仮処分について、大阪高裁は28日、関電の抗告を認めて取り消す決定をした。2基が法的に再び運転可能となり、稼働中の原発を止めた全国初の司法判断は約1年で覆った。

 関電の岩根茂樹社長は「地元の理解を得ながら、再稼働に向け安全最優先で準備を進める」と述べた。時期は未定としたが、早ければ4月下旬ごろにも運転を再開する見通し。早期の電気料金値下げを目指す。

このエントリーをはてなブックマークに追加