開設記念講演で基調講演する波平恵美子お茶の水女子大名誉教授=佐賀市の佐賀大学本庄キャンパス

 佐賀大学に誕生したジェンダー・イクオリティ研究所(上野景三所長)の開設記念講演会が20日、佐賀市の佐賀大学本庄キャンパスで開かれた。同研究所のメンバーらによるジェンダーに関わる研究発表が行われた。

 シンポジウムでは佐賀大学の研究員2人が発表した。宮地歌織男女共同参画推進室特任助教はアフリカのケニアを事例に高齢化に伴う女性の貧困課題を、吉岡剛彦准教授は佐賀大の学生アンケートに基づく若者のジェンダー意識を報告した。

 この日は、波平恵美子お茶の水女子大名誉教授が「新しい男女参画社会のためのジェンダー概念」をテーマに基調講演。長崎県壱岐市の男女の分業などを例に挙げながらジェンダー概念や男女参画社会について語った。

 今後、同研究所は県内の関係機関などと連携しながらジェンダー問題の解決に向けた研究や教育活動に取り組む。

このエントリーをはてなブックマークに追加