会議やプロジェクトなどの集団活動がスムーズに進むように支援する「ファシリテーション」について学び、その担い手育成を図るワークショップが2月4日午後1時から、佐賀市の佐賀大学本庄キャンパスで開かれる。

 NPO日本ファシリテーション協会佐賀サロンが、佐賀ファシリテーション・カフェの発足1周年記念で企画。同協会フェローで九州大学大学院客員准教授の加留部貴行氏が基調講演する。分科会では、会議などの緊張の場をほぐす「アイスブレイク7番勝負」や、ミーティングなどの進行方法のヒントを探る「フレームワークを活用する会議手法」など3講座がある。

 同協会は「チーム活動の質を上げるには行動を変えなければいけない。ファシリテーションの重要性を知って」と参加を呼びかける。申し込みはファクス0952(40)2011へ。2月2日締め切りで定員100人。問い合わせはメールsaga.f.cafe@gmail.comへ。

このエントリーをはてなブックマークに追加