妊婦ジャケットを着用して歩道橋を上る山口祥義知事

■3県知事出演

 昨年秋、佐賀県の山口祥義知事がプロジェクトチームリーダーを務め、九州・山口各県と経済界が一体となって作成した動画『知事が妊婦に』が福岡広告協会賞の最高賞「大賞」に選ばれた。

 福岡広告協会賞は、生活者に夢や希望を与える作品に贈る賞で、応募総数369作品の中から選ばれた。知事が身をもって体験するというユニークで意義深い作品として国会でも取り上げられ、生活の原点を考える作品となったことなどが評価された。

 3分間の動画は九州・山口ワーク・ライフ・バランス推進キャンペーンの一環で、制作は西広に委託した。子育て中の佐賀、宮崎、山口の3県知事が重さ7・3キログラムの妊婦ジャケットを着用し、家事や仕事をこなす内容。山口知事は買い物先で一番下の棚から商品を取り出そうとしゃがんだり、買い物袋を下げて歩道橋を上ったりする。動画は、国内外で2500万回以上再生された。

 贈賞式は6月7日、福岡市で開かれる。

このエントリーをはてなブックマークに追加