ジャパンディスプレイが開発したプラスチック製のスマートフォン向け液晶パネル

 液晶パネル大手のジャパンディスプレイ(JDI)は25日、プラスチック製で高精度の液晶パネルを2018年から量産化する、と発表した。曲がった形状に対応でき、価格も割安なのが特徴。今回はスマートフォン向けだが、将来は車のダッシュボードといった多用途の展開も見込む。

 プラスチック製の液晶パネルは軽く、落としてもひびが入らないのも利点だ。スマホに採用すると、強度が上がり、軽量化も同時に実現できる。通常はガラスを使う基板部分にプラスチックを用いた。

 曲がった画面では、韓国勢が先行している次世代パネル「有機EL」に優位性があるとされる。今回のプラスチック製液晶は、「有機ELよりも安い」(JDIの有賀修二社長)ため、幅広い製品への応用を目指して対抗する狙いだ。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加