国重文の楼門への延焼を防ぐため、はしご車から放水する訓練=武雄市の武雄温泉

 全国文化財防火デーの26日、国重要文化財の武雄市の武雄温泉新館と楼門一帯で、火災防御訓練があった。消防署員や消防団員、周辺の旅館関係者ら約200人が火災発生を想定し、文化財を守る対応や宿泊客の避難誘導の手順を確認した。

 文化財に隣接する宿泊施設から出火した想定。通報を受けてはしご車や消防車が次々に到着し、延焼を防ぐために楼門や周辺の山林に放水した。消防団も消火栓にホースをつなぎ、火災発生時の連携を確かめた。付近の旅館では宿泊客の避難誘導や館内の消火栓を使って消火訓練を重ねた。

 訓練後、古賀博吉武雄消防署長は「消防署と消防団の連携はスムーズにいき、旅館でも機敏な活動ができていた」と講評、見学していた市民に「防災意識を高めて」と呼び掛けた。

このエントリーをはてなブックマークに追加