スウェーデン家具大手グループのイケア・ジャパン(千葉県船橋市)は25日、折りたたみ式のビーチチェアを自主回収すると発表した。約8千個が対象で、転倒したり指を挟んだりする恐れがあるという。

 対象商品は「ミースィングソー ビーチチェア」。色やデザイン違いで8種類あり、2013年2月から昨年10月までに全店舗で販売された。一部の店舗では、昨年12月まで置かれていた可能性があるという。

 イケア・ジャパンによると、洗濯した後の布地シートを正しく取り付けなかったり、組み立て方を間違えたりして座り、バランスを崩して転倒する事故がこれまでに海外で5件報告されたという。代金を全額払い戻すほか、電話での相談にも応じる。問い合わせはカスタマーサポートセンター、フリーダイヤル(0120)151870。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加