海開きした太良人工海浜公園海水浴場=太良町大浦

 九州北部豪雨の影響で海開きを延期していた太良町大浦の太良人工海浜公園白浜海水浴場が21日、オープンした。町企画商工課は「安全安心が確認できたので、ぜひ足を運んでもらえれば」と呼び掛けている。

 有明海の人工ビーチとして知られ、「日本一の干満差を体験することができる」(町企画商工課)。今年は12日に海開きを予定していたが、九州豪雨による大量の流木が漂着したことや、水質検査を行うためにオープンを延期していた。

 遊泳期間は8月31日までで、午前9時から午後5時まで開放する。海は最大で6メートルの干満差があるため、泳げる時間帯は町のホームページなどで確認できる。

 海水浴場に関する問い合わせは町企画商工課、電話0954(67)0312。また、モーターボートなどを貸し出す太良町B&G海洋センター艇庫も23日から開設する。問い合わせは町社会教育課、電話0954(67)0145。

このエントリーをはてなブックマークに追加