集まった約1500人に囲まれ、演説する岡本憲幸候補(中央)=唐津市民会館

 唐津市長選候補の岡本憲幸氏(61)は26日夜、市民会館で総決起大会を開き、「唐津に元気がないのは人口が減少しているから。魅力のある企業、農林水産業を育て、若者の流出を止める」と訴え、さらに大学の学部など技術系高等教育機関の誘致を掲げた。

 演台を取り囲むように席を設け、約1500人(陣営発表)が参加した。中里太郎右衛門後援会長(59)が「市政の信頼回復、人物・人柄を重視するなら岡本さんがぴったり。あと2日のラストスパート、必死になれば、絶対に勝てる」と支持拡大をお願いした。

このエントリーをはてなブックマークに追加