■佐賀女子

 蒲原 未来(かもはら・みく)美術部長を務め、作品が全九州高校総文祭のマークに選ばれた。文化財デジタル化などを手掛けるとっぺんで「新しいことに挑戦する」。佐賀市嘉瀬町。(くらしデザイン科)

 志波 寿奈(しわ・ひな)バドミントン部主将。全国高校選抜大会で個人ダブルス3位などに輝いた。龍谷大で競技を続け、「人として成長し、今度こそ日本一に」。佐賀市大和町。(普通科進学コース)

 中溝 優生(なかみぞ・ゆい)ソフトボール部主将。信頼厚く、チームを夏の九州大会6連覇に導いた。強豪・太陽誘電で堅守と広角な打撃を磨き、「夢は東京五輪で日本代表」。佐賀市本庄町。(食物科)

 一番ケ瀬 亜美(いちばがせ・あみ)剣道部主将を務め、九州選抜大会に2年連続出場した。同校初快挙となった県高校新人大会優勝が心に残る。看護師を目指し専攻科に進む。神埼市脊振町。(衛生看護科)

 酒井 彩(さかい・あや)合唱部長を務め、全日本コンクール全国大会銀賞、独唱でも数々の賞に輝いた。「語学にも力を入れたい」と武蔵野音楽大で、声楽を追究する。佐賀市西魚町。(普通科音楽コース)

 三浦 美蘭音(みうら・みらの)成績優秀、学校行事でアナウンスを務めた。発表会で園児に披露した歌劇が思い出。佐賀女子短大に進み「信頼される保育士になる」。佐賀市蓮池町。(普通科保育福祉コース)

 円城寺 真依(えんじょうじ・まい)風紀委員を務めハンドマッサージ技術を施設訪問に生かした。日本ボディセラピスト協会に就職、「将来は母校のエステ講師に」。牛津町。(商業科トータルビューティコース)

■佐賀東

 西村 天斗(にしむら・たかと)柔道に励み、礼儀正しい。高校や電車で友達と笑い話をした毎日が楽しかった。卒業後はあこがれていた警察官になる。「地域の安全を守りたい」と話す。白石町。

 御厨 篤(みくりや・あつし)成績優秀で努力家。熱中していた陸上部をけがで辞め、勉強に力を入れた。国立大理系を志望し、「IT企業で、安全に利用できるソフトを開発する」。佐賀市唐人町。

 川崎 瑠奈(かわさき・るな)年間30公演する演劇部を部長として引っ張り、多数受賞した。卒業後は劇団青年座の研究生になり演劇の道へ進む。「人の世界観を変える女優になりたい」。佐賀市川副町。

 川内 陽一(かわち・よういち)サッカー部主将。念願の全国大会でレベルの高さを実感した。東京国際大でサッカーを続ける。「厳しい環境で競いたい」と語り、プロ選手を夢見る。嬉野市嬉野町。

 吉川 千里(よしかわ・ちさと)まじめでひたむきな性格。なぎなた部で国体個人5位入賞を果たした。西九州短大で食生活支援を学ぶ。「顔を思い浮かべて献立を考える栄養士になりたい」。佐賀市川副町。

 坂本 耕大(さかもと・こうた)バスケットボール部主将で学校の中心的存在。文武両道に徹した。立命館大で環境問題について研究する。将来の夢は「大学でじっくり考える」。吉野ケ里町。

 中島 拓海(なかしま・たくみ)好きなことに没頭する性格。祖母と海外に行き、英語の実用性を感じた。「言葉を学ぶと世界が広がる」と話し、国際文化を学ぼうと国立大文系を志望する。佐賀市鬼丸町。

今春、高校を卒業する生徒たちを紹介します(敬称略)。次回は佐賀北と佐賀商の予定です。

このエントリーをはてなブックマークに追加