“熊本城ポーズ”を一緒に決めるくまモンと生徒、園児ら=佐賀市水ケ江の龍谷高校

 熊本県のPRキャラクター「くまモン」が24日、佐賀市の龍谷高校(徳重清隆校長)のサッカー部を訪れた。同校サッカー部は熊本地震の発生直後、学校のサッカーグラウンドで救援物資と義援金を募集し、熊本に届けた。同日、日本赤十字社佐賀県支部、佐賀県庁を訪れたのに続き、忘れず同校を訪れた。

 くまモンの来校を耳にした龍谷こども園の園児も駆け付け「くまモン大好き」と歓迎。徳重校長は「サッカー部や校内に熊本出身者がいて、自分たちに何ができるのかを考えて支援させていただいた」と当時を振り返り、くまモンは「皆さんの支援が力になった。その力で熊本を元気にするモン」と感謝した。

 くまモンはお礼に「くまモン体操」を生徒や園児と一緒にダンス。頭上に両手で三角をつくる“熊本城”を表す動きでは「熊本城がかっこよく再建するように」とみんなで気持ちを込めて踊った。

 同校は学校を挙げて熊本の被災地を支援し、サッカー部が325万7921円、生徒会が15万3191円の義援金を贈った。

★電子新聞に動画 登録、即利用可、翌月末まで無料の電子版の申し込みはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加