■車軸摩耗対策「年単位」に/コスト削減も妙案なく 九州新幹線長崎ルートに導入予定のフリーゲージトレイン(軌間可変電車、FGT)が、計画「白紙」の瀬戸際に立たされている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加