2020年東京五輪・パラリンピックのエンブレム「組市松紋」の図柄をアレンジした有田焼の皿を手にするエンブレム制作者の野老朝雄氏(大会組織委員会提供)

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は21日、公式エンブレム「組市松紋(くみいちまつもん)」の図柄をアレンジした有田焼の皿を五輪開幕3年前となる24日から公式オンラインショップで販売すると発表した。直径約19センチで価格は9450円。店舗でも順次、発売する。

 エンブレム同様、3種類の形の異なる四角形を組み合わせており、デザインを手がけたエンブレム制作者の野老朝雄氏は「多様性を持つ人々が輪をなし、団結する姿を描いている」とコンセプトを説明した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加